Satocame ONLINE SHOP

  • Canon(キヤノン) RF14-35mm F4 L IS USM 【2021年9月下旬発売予定】
  • Canon(キヤノン) RF14-35mm F4 L IS USM 【2021年9月下旬発売予定】
  • Canon(キヤノン) RF14-35mm F4 L IS USM 【2021年9月下旬発売予定】
  • Canon(キヤノン) RF14-35mm F4 L IS USM 【2021年9月下旬発売予定】

Canon(キヤノン) RF14-35mm F4 L IS USM 【2021年9月下旬発売予定】

212,850

税込

11年保証

液晶保護フィルム貼付け

下取り(※通常買取より高額で買取ります)


  • janコード:

  • 4549292186758

カメラ初期設定、11年保証につきましてはこちらをご確認ください。


【製品特徴】
■焦点距離14mmの超広角撮影を実現。より広がりのある映像表現や、遠近感を強調した撮影が可能
■14mmから35mmの焦点距離をカバーすることで、風景や建築、スナップ、ポートレートなど多様な撮影シーンに対応
■RFマウントの大口径・ショートバックフォーカスがもたらす自由度の高いレンズ設計により、高画質化と小型・軽量化を両立。カメラ側の撮像面近くに大口径レンズを配置できるためズーム全域での高画質を実現
■UDレンズ2枚、UD非球面レンズ1枚、ガラスモールド非球面レンズ2枚を含む12群16枚の光学設計により、画質劣化の原因となる諸収差を低減し、焦点距離14mmから35mmのズーム全域で中心部から周辺部までの高画質を実現
■特殊コーティング「SWC (Subwavelength Structure Coating)」と「ASC Air Sphere Coating)」の2種類を採用。レンズ内の光の反射が撮影画像に入り込んでしまうフレアやゴーストなどの発生を低減
■「EOS R5」装着時は、ボディー内手ブレ補正機構との協調制御により、静止画撮影時に7.0 段の手ブレ補正効果を実現。動画撮影時も高い手ブレ補正効果を発揮
■ボディー内手ブレ補正機構を搭載していない「EOS R」装着時も、レンズ内光学式手ブレ補正機構により5.5段の手ブレ補正効果を実現。動画撮影時は、カメラの電子式手ブレ補正機能と協調する「コンビネーション IS」により手ブレを低減
■RFマウントの特長の一つであるショートバックフォーカスを生かしたリアフォーカスレンズの配置により、最短撮影距離0.20m、最⼤撮影倍率0.38倍の近接撮影を実現
■料理や小物などの被写体により接近し、ボケ味を生かした撮影や、 広角レンズならではの遠近感を強調した迫力のある撮影が可能
■フォーカス位置により画角変化が生じてしまう「フォーカスブリージング」を低減し、「 EF16 35mm F4L IS USM」と比較して画角変化の少ない安定した構図での撮影が可能。フォーカス後に構図調整をする手間が少なくなり、動画撮影などでの快適性が向上
■超音波モーター「ナノUSM」により、静止画撮影時の高速AFと動画撮影時の滑らかなAFが可能。フォーカスレンズ群の軽量化によるAF速度の高速化も実現
【製品仕様】
●画角(水平・垂直・対角線):104°00′~54°00′・81°00′~38°00′・114°00′~63°00′
●レンズ構成:12群16枚
●絞り羽根枚数:9枚
●最小絞り:22
●最短撮影距離:0.2m
●最大撮影倍率:0.38倍
●フィルター径:77mm
●最大径×長さ:約φ84.1mm×99.8mm
●質量:約540g

<レンズフード付>

【付属品】
レンズポーチ LP1219、レンズフード EW-83P


詳細はメーカーサイトでご確認ください。

Copyright © Satocame ONLINE SHOP All Rights Reserved.